慰謝料の請求は離婚前がよい

相手から肉体的な苦痛や精神的な苦痛を受けたことが原因で離婚となった場合には、慰謝料を請求することが出来ます。
具体的には、不倫や浮気をされた場合や言葉などによる暴力を受けた場合、生活費をもらえないといった悪意の遺棄、またDVを受けた場合などが慰謝料を請求できるケースとなります。

 
慰謝料を支払うかどうかやその金額は、当人同士の話し合いか家庭裁判所での調停で決められますが、当人同士の話し合いはお互いが感情的になりやすく、話がまとまらないことが多いため、調停となることが多いようです。

 

a0001_000062
慰謝料を請求する調停には、離婚前に行われる離婚調停と離婚後に行われる慰謝料請求調停の二種類があります。

 
このうち、どちらで慰謝料を請求した方がよいのかを悩む方は少なくないと思います。
離婚をする時には様々な手続きや面倒事が多く、慰謝料まで頭がまわらずに後回しになってしまうということもあるでしょう。

 
しかし、一旦、離婚が成立してしまうと、相手側が慰謝料の話合いになかなか応じてくれなかったり、応じたとしても額を低く交渉してくる可能性が高くなってしまうため、出来れば離婚調停の際に慰謝料の請求とその金額を決めてしまった方がよいといえるのです。

Comments are closed.