慰謝料は何を基準に決められるのか

慰謝料とは故意か、もしくは過失によって他人の権利や法律上で保護された利益を侵害した場合に支払われるお金のことです。

これは物などだけでなく、精神的な苦痛というものも含まれています。一般的に多い慰謝料は離婚や不倫などの男女関係です。

不倫や浮気の一般的な基準は、不倫が原因で離婚に至った場合には100万円から300万円となっていて、不倫で離婚に至らなかって場合には、50万円から200万円が相場となっています。

小物03

ここから不倫の期間や頻度、経済的損失などを考慮して、慰謝料が上乗せされていきます。実際にあった裁判では500万円の支払いを命じた例もあります。

婚約をしていたのにもかかわらず、それを破棄した場合には30万円から200万円となっています。こちらでも結婚するにあたって仕事を止めてしまったりなどの経済的損失、また破棄した理由などを考慮して上乗せされていきます。

そのほかの慰謝料としては、例えばセクハラ行為に対する慰謝料は、一般的に30万円から200万円程度となっています。性行為まで至っていないものであれば、大抵は100万円以内に収まるのが一般的でしょう。逆に悪質性が高いものでは、実際に下され判例で800万円の慰謝料を命じられたケースもあります。

Comments are closed.