暴行・虐待に対する慰謝料

暴行行為は犯罪になります。たとえ腹がたつことでも暴力で解決だけはしなでいください。窓
夫婦間でもこれは傷害罪にあたいしますので、離婚する原因にもあげられます
そして、慰謝料も発生しやすくなります。これは手を出した方が加害者になります。
今、DVと言う言葉を耳にしますが、それは夫が妻を虐待する行為になります。また、最近はその逆あり、妻が夫に暴力(虐待)もある時代です。それだけ虐待問題は表面化して話題になっています。

 
怪我をさせるということはそれだけ、相手に苦痛を与えた、与えるということを認識をしてほしいものです。
感情のコントロールが出来なくなり自分のストレスが暴力になり、ターゲットをみつけて、ストレス発散になってしまうようです。
もしこの、暴力で怪我をして大怪我、一生障害が残る場合もありますので、その人の人生を狂わせることなので責任も重大です。
ごめんなさい、もうしません。反省しています主張しても相手は一生心も体も傷が残るわけですから、言葉だけではすませられないと言うことなんです。慰謝料を請求する場合は、もちろんの事、弁護士がその費用を計算しておおよその金額を掲示されます

 
また、請求する人も自分が思っている金額はもらえないことも認識してください。
夫婦間での慰謝料だと、夫の収入で決まるので、もし危険と感じた場合はすぐに逃げることです

Comments are closed.