Author Archive

慰謝料に税金はかかるのか

夫が家庭を顧みず、その結果離婚に至った場合、妻は慰謝料を受け取ることができます。
この慰謝料に対しては、妻は何億円もの大金を受け取っても非課税です。

 

 

同様に、交通事故で加害者から受け取った損害賠償金も非課税です。
交通事故の被害者が受け取る慰謝料に対しても非課税です。
ただ、交通事故の場合の損害賠償と離婚の場合の慰謝料は同じ理由で非課税というわけではないのです。a0001_000584

 

 

そもそも夫の財産は夫一人で稼いだものではなく、妻の尽力があればこそと考えられていて、離婚時妻にあげたとしても、それは夫名義の財産を妻に分離したものと考えられ、贈与に当たらないと考えられているからです。
これは相続の時に、妻が財産の半分までならば、相続税が係らないことでもあきらかですが、妻の尽力がどの程度あったかわかりませんが、一律半分と認めていて、その範囲であれば非課税なのです。

 

 

妻が慰謝料として夫から財産を受け取る場合は、確かに非課税であり、問題はないのですが、妻が欲しいものはお金だけでなく、自宅が欲しい場合もあります。

 
勿論、その場合でも妻の側には問題はないのですが、夫の側には自宅という不動産で慰謝料を支払ったことになり、不動産を売却していなくても、税務上は妻に売却したとみなされ、税金が発生することになります。

 

慰謝料の請求は離婚前がよい

相手から肉体的な苦痛や精神的な苦痛を受けたことが原因で離婚となった場合には、慰謝料を請求することが出来ます。
具体的には、不倫や浮気をされた場合や言葉などによる暴力を受けた場合、生活費をもらえないといった悪意の遺棄、またDVを受けた場合などが慰謝料を請求できるケースとなります。

 
慰謝料を支払うかどうかやその金額は、当人同士の話し合いか家庭裁判所での調停で決められますが、当人同士の話し合いはお互いが感情的になりやすく、話がまとまらないことが多いため、調停となることが多いようです。

 

a0001_000062
慰謝料を請求する調停には、離婚前に行われる離婚調停と離婚後に行われる慰謝料請求調停の二種類があります。

 
このうち、どちらで慰謝料を請求した方がよいのかを悩む方は少なくないと思います。
離婚をする時には様々な手続きや面倒事が多く、慰謝料まで頭がまわらずに後回しになってしまうということもあるでしょう。

 
しかし、一旦、離婚が成立してしまうと、相手側が慰謝料の話合いになかなか応じてくれなかったり、応じたとしても額を低く交渉してくる可能性が高くなってしまうため、出来れば離婚調停の際に慰謝料の請求とその金額を決めてしまった方がよいといえるのです。

慰謝料請求の注意点

慰謝料の請求というと近年では相手の不倫によるものが多いです。離婚をしない場合であっても不倫に対して慰謝料を請求することができます。請求するためには、不倫相手の住所・氏名を知っておく必要があります。携帯を見て、不倫相手の電話番号や下の名前しか分からないという場合では請求できないので注意しましょう。
裁判まで起こす気がない場合は、内容証明で慰謝料の請求をしても良いでしょう。内容証明では、今までの経緯や実際に思っていること、慰謝料の請求額を相手に伝えます。その際内容証明は必ず郵便で行いましょう。決して口頭やメールといった簡単な方法で慰謝料請求をしてはいけません。慰謝料の請求は本人の真剣さが大きく結果を変えると言えるからです。口頭で慰謝料を請求をしても証拠は残りませんので、相手に言い訳の余地を与えてしまいます。メールでは慰謝料を請求をした事実や請求日時を証明することはできても、削除されることもありますし、相手に圧迫間を与えることがあまりできません。決して相手になめられてはいけないのです。希望満額の慰謝料を取り戻したいのであれば、必ず内容証明郵便を使って慰謝料を請求しましょう。
その際の注意点が、不倫慰謝料は不倫の事実を知ってから3年で消滅時効にかかってしまうということです。この期間が過ぎると慰謝料を請求することができなくなりますので、事実を知ったら泣き寝入りせずにできるだけ早く慰謝料の請求に踏み切ることが大切です。

和室

暴行・虐待に対する慰謝料

暴行行為は犯罪になります。たとえ腹がたつことでも暴力で解決だけはしなでいください。窓
夫婦間でもこれは傷害罪にあたいしますので、離婚する原因にもあげられます
そして、慰謝料も発生しやすくなります。これは手を出した方が加害者になります。
今、DVと言う言葉を耳にしますが、それは夫が妻を虐待する行為になります。また、最近はその逆あり、妻が夫に暴力(虐待)もある時代です。それだけ虐待問題は表面化して話題になっています。

 
怪我をさせるということはそれだけ、相手に苦痛を与えた、与えるということを認識をしてほしいものです。
感情のコントロールが出来なくなり自分のストレスが暴力になり、ターゲットをみつけて、ストレス発散になってしまうようです。
もしこの、暴力で怪我をして大怪我、一生障害が残る場合もありますので、その人の人生を狂わせることなので責任も重大です。
ごめんなさい、もうしません。反省しています主張しても相手は一生心も体も傷が残るわけですから、言葉だけではすませられないと言うことなんです。慰謝料を請求する場合は、もちろんの事、弁護士がその費用を計算しておおよその金額を掲示されます

 
また、請求する人も自分が思っている金額はもらえないことも認識してください。
夫婦間での慰謝料だと、夫の収入で決まるので、もし危険と感じた場合はすぐに逃げることです

慰謝料は何を基準に決められるのか

慰謝料とは故意か、もしくは過失によって他人の権利や法律上で保護された利益を侵害した場合に支払われるお金のことです。

これは物などだけでなく、精神的な苦痛というものも含まれています。一般的に多い慰謝料は離婚や不倫などの男女関係です。

不倫や浮気の一般的な基準は、不倫が原因で離婚に至った場合には100万円から300万円となっていて、不倫で離婚に至らなかって場合には、50万円から200万円が相場となっています。

小物03

ここから不倫の期間や頻度、経済的損失などを考慮して、慰謝料が上乗せされていきます。実際にあった裁判では500万円の支払いを命じた例もあります。

婚約をしていたのにもかかわらず、それを破棄した場合には30万円から200万円となっています。こちらでも結婚するにあたって仕事を止めてしまったりなどの経済的損失、また破棄した理由などを考慮して上乗せされていきます。

そのほかの慰謝料としては、例えばセクハラ行為に対する慰謝料は、一般的に30万円から200万円程度となっています。性行為まで至っていないものであれば、大抵は100万円以内に収まるのが一般的でしょう。逆に悪質性が高いものでは、実際に下され判例で800万円の慰謝料を命じられたケースもあります。

慰謝料と財産分与の関係

小物01

 

慰謝料とは精神的苦痛に対して支払われるもので、離婚に際しては離婚の原因をつくった側から一方の配偶者に対して支払われるものです。
これに対して、財産分与とは、婚姻中に夫と妻が協力してつくりあげた財産を貢献度に応じて分割して精算しようとする制度で、必ずしも離婚の原因をつくった側から支給されるといったものではないのです。

 

 

例えば、夫の浮気が離婚になった場合、慰謝料は当然夫が支払わなければなりませんが、夫婦の財産は、離婚原因とは別に、それぞれ貢献度に応じて2人で分けることになりますので、夫名義の財産が無く、妻名義のみの財産が有った場合は妻より夫に財産を分割しなければならない場合もあるのです。

 
分割の対象とならない財産としては、1)妻名義の預貯金の中に、結婚前から持っていた預貯金は、婚姻中に協力してつくりあげた財産ではないことから、分割の対象外です。2)又、夫が自分の為に借り入れた借金は、分割の対象外です。

 

 

慰謝料も財産分割も、離婚をした場合に請求することが出来ますが、それぞれの請求する期間が異なります。
財産の分割する期間は、離婚の時から2年を経過すると時効で請求することが出来ませんが、一方慰謝料の場合は、離婚から3年を経過すると時効で請求できなくなります。

 

 

協議で決める場合

離婚をするときには、裁判所で調停や訴訟などを経て別れるケースもありますが、これらの手続きをせずにお互いに話し合って別れる競技離婚というものもあります。この場合は、面倒な裁判所に提出する書類や証拠の準備などをする必要がありませんし、決められた日時に出廷する必要もありません。そのため、お互いの合意があれば簡単にできますが、いくつかの気をつけなければならない点があります。

 
まず、単に話し合いで解決したからといって、その口約束が将来的に履行されるとは限りません。特に養育費などのように分割で長期的に支払っていくようなものについては、支払う側の失業や再婚、新しい配偶者との子どもの出産などの事情で支払いがストップする可能性は大いにあります。そのため、できれば公正証書のように、いざというときに債務名義にすることができる公の書類で残しておくのがおすすめです。費用はかかりますが、いざというときにどういった話し合いをしたかが分かる証拠にもなりますし、相手方が支払いを滞納した場合には、そのまま債務名義として使うことができますので、給料や預金などを差し押さえて回収できます。詳しくは公証人と相談して、内容を決めたほうが良いでしょう。

扶養的慰謝料

離婚慰謝料の前提的な基礎知識として、離婚に際して支払われる金銭には三つの種類があります。第一に、夫婦の財産関係の「清算」、第二に離婚にともなる「損害の賠償」、第三に離婚後生活に困窮する配偶者の「扶養」です。法的に慰謝料と呼ばれるものは厳密にいうと、二番目の「損害の賠償」のみであるが、法律の世界以外ではすべてをひっくるめて慰謝料と呼ばれることもあり、勘違いしやすいものです。そして三番目の「扶養」についても「扶養的慰謝料」と呼ばれることもあります。

 
「扶養」は「清算」や「慰謝料」の観念ではどうしても賄いきれない部分、すなわち離婚妻の経済的に地位の保護という要請を直接満たすものが必要となります。それが離婚給付における「扶養」の要素です。ですからどのように正当化するかは困難な問題となってきます。

小物02
現在の有力な考え方として、離婚によって一方が生活困窮に陥る場合、放っておけば生活保護を受けることになるから、結局、税金で扶養することになります。しかし、無縁の国民の負担にするよりはもと配偶者の負担とすることが望ましいのでこの「扶養」を認めるという考え方です。
ですから、「扶養」が認められるには、「清算」や「慰謝料」では賄えきれないという補充性が必要のほか、生活保護を受けるほどに困窮しているという客観的な事情が必要となってくるのです。

慰謝料の基礎知識

花瓶02

 

他人の権利を侵害した時には、相手に対して損害賠償をする必要があります。
慰謝料とは、相手に対して精神的に苦痛を与えた時に支払われるものといわれています。
しかし、間違って物を壊したいった場合は、物に対しての賠償金は明らかですが、目に見えない精神的苦痛に対しての金額は不明です。
報復感情を満たすものであるとする制裁説と、損害の補てんであるとする補填説がありますが、判例や通説は補填説にたっています。
一般的に、一番良く耳にするのが、芸能人の離婚のときに耳にします。
何も離婚に限らず、精神的苦痛に対して認められるものと言われています。
交通事故・企業に対してのパワハラ・いじめ・損害賠償等、第三者が見て妥当と判断される場合、裁判などで訴えることで、勝訴すれば、精神的苦痛に対してお詫びとして支払われるものです。

 

 

しかし、なんでも認められるものではなく、相手に非があっても自分にも非があった場合は難しくなります。
例え支払われることがあっても、金額は減額は著しく減額されます。
あくまでも自分に非がなくて、相手に非があった場合に初めて支払われるものです。

 

 

その際請求できる金額は自由に決められるものではなく、相場があります。

芸能人の離婚に対しては、何億円もの大金が支払われるケースがあります。
これは具体的な金額ではなく、財産の何パーセントといった相場があり、前例に基づいて支給されているのです。